ニュース一覧

取引期間が短い

相談

過払いがなくてもできるか

借金が減額になる手続き任意整理は、なぜ減額することができるのか、それは利息制限法で定められた金利の上限を守らずに貸金業者が融資をして、その超過部分が過払い金となりますので、過剰に支払った利息を減額に充てることができるのです。しかし、いくら利息制限法を超過する金利で取引をしていた時期があったとしてもその期間が短い、また契約当初から既にに利息制限法の上限金利以下の金利で契約して利用していたとなると、過払い金はそもそも発生していない可能性がありますので、減額しろと貸金業者に対して要求しても勿論応じられないことになります。減額できる根拠に乏しいのです。実は、過払い金が発生していなくても任意整理は可能なのです。過払い金がないと減額することは難しいですが、将来発生する利息のカットができます。将来利息をカットしたうえで、原則3年以内長くても5年以内に完済をすることができるように、毎月無理のない返済金額で支払い計画を組み直していきます。返済が難しく、債務金額が大きい人は利息の支払いだけでも困難なケースが多いです。例え過払い金が発生していなくても任意整理をすることによって、本来であれば将来払っていかなければならない利息分をカットすることができますので、任意整理をせずにこのまま契約通り支払っていた場合と比べると、トータルでの支払金額に大きな差が出てくるのです。任意整理をしたほうが、生活を再生させやすくなるのです。

Copyright© 2018 任意整理で借金問題を解決~毎月無理のない返済金額で支払える~ All Rights Reserved.