ニュース一覧

弁護士への依頼が効果的

男性と女性

弁護士なら迅速且つ正確

貸金業者からの借金の返済が滞りがちになると、債務整理を検討しなければなりませんが、債務整理にはいくつかの方法があり、その中で唯一裁判所を通さないで個人の任意で行うのが「任意整理」です。個人で行うとはいっても、法律知識の浅い一般市民が専門部署を備えている業者と1対1で交渉するのはいかにも不利であり、また借金の当事者が借金の減額を申込むこと自体に対して、業者から相手にしてもらえない可能性もあります。そこで、頼りになるのが弁護士です。弁護士に依頼するメリットは色々ありますが、まず第一に挙げられるのが、厳しい取立ての解消です。借金の額が高額だったり、滞納期間が長期だったりすると文書だけではなく、電話や訪問などによる取立てが継続されます。ところが、債務者から任意整理の依頼を受けた弁護士が業者に対して「受任通知」を送ると、貸金業法の規定により、通知を受けた業者は取立てをすることができなくなります。また、任意整理において、残債の正確な数字を算出するためには、業者に保管されている取引履歴の開示が必須になりますが、弁護士による法的な請求によって履歴をスムーズに引き出すことできます。これによって、「過払い金」の有無も確認できます。その他、煩雑な手続きや減額交渉などにおけるプレッシャーやストレスから解放されることも大きなメリットになります。さらに、正しい金利による債務額の「引き直し計算」や債務の減額幅の算出、公的書類の作成など、弁護士に依頼すれば迅速且つ正確に行ってもらえます。

Copyright© 2018 任意整理で借金問題を解決~毎月無理のない返済金額で支払える~ All Rights Reserved.